日除けのれん

旅のお出迎え

日除けのれんは、文字通り直射日光を避けるため、軒先にかざったことから始まったようですが、「お店の顔」として江戸時代では使われてきたようです。

皆様に旅を楽しんでいただくよう、当館では設置しました。

"日除けのれん"について

日除けのれんは、文字通り「直射日光を避ける」目的で設置されるようになりましたが、そもそも、もと禅家で冬季の隙間風を防ぐのに用いた垂れ幕の総称のことのようです。
江戸時代以降になると、商家では屋号などを染め抜いて、「お店の看板」として営業用に利用されたようです。
布地には木綿が多いようです。
仕立てには、大まかに2種類有り、

   ○関東風(チチ仕立て)
   ○関西風(袋仕立て)

があるようです。当館のものは関西風になります。
現在では、お店の看板として、通り行く人に無言で宣伝しています。
当館の場合は、いらっしゃっていただいたお客様に心行くまで御寛ぎいただけるようお出迎えしております。

戻る